転職エージェントを利用するコツ

大手の転職エージェント

日本で転職をするにあたり、大手の転職エージェントのほとんどは、企業への訪問をする営業マンと、転職希望者に仕事を紹介するキャリアコンサルタントの仕事を分けています。仕事を別々の社員が担当するので、キャリアコンサルタントは仕事を紹介する専門性が身につき、何人も担当できるメリットがあります。

大手転職エージェントの評判

大手の転職エージェントの口コミを見ると、紹介される情報量が多いためすぐに仕事が決まったという書き込みが多いですが、自分が求めていた情報が得られなかったと思う人もいます。大手では、企業を担当する営業マンとキャリアコンサルタントが別々の人なので、転職希望者は営業マンと直に会って話すことができません。外資系の会社に転職する時には、英語をどのくらい使うかなど、求人欄には書いていない情報が欲しいと思っても、企業の内情をうまく伝えてもらえない可能性があります。

中小転職エージェントの評判

中小規模の転職エージェントは、企業への営業と転職希望者のヒアリングを一人の人が担当するので、企業の情報が細かいことまで利用者に伝わります。自分の担当のキャリアコンサルタントが適した案件を持っていない場合は、別の人が担当している企業を紹介されることもありますが、会社の規模が大きくなければ、部署内での連携がスムーズにいきます。そのため、利用者からの評判は上々ですが、社員はこなさなければならない仕事の量が2倍に増えるので、自分が紹介できる案件の数が減ってしまうというデメリットもあります。

大手でも社員が2つの仕事を同時に担当する会社もある

JACリクルートメントは、大手でありながらもキャリアコンサルタントが直接企業を訪問しているので、転職希望者はたくさんの案件の中からより自分に合った物を見つけることができます。キャリアコンサルタントは、転職のノウハウや転職先の細かい情報までも教えてくれるので、利用者からの評判が良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加