転職エージェントを利用するコツ

>転職エージェントの評判

転職エージェントの評判は会社の規模やスタイルによって変わります。それぞれの会社は、重視する分野が異なるのでその会社のスタイルが自分と合っているかどうかを見極める必要があります。転職エージェントの多くは、社員を配置するときに仕事を分業して行います。キャリアコンサルタントとして転職希望者と向き合う人と、企業に営業に行く人は違います。そのため、会社としての処理能力は高くなりより多くの案件を扱うことができます。

仕事を分業することにはデメリットもある

仕事を分業している転職エージェントでは、キャリアコンサルタントと企業への営業担当の間で連携が上手くいかないことがあり、サービスの質が低下することもあります。企業に伝えるはずの転職希望者の詳細が伝わらなかったり、企業の内情について詳しく知らないために利用者が入社してから想像と違ったということもあります。

仕事を統一するメリット

転職エージェントによっては、キャリアコンサルタントが企業への営業も同時に行っている会社もあります。実際に企業に出向いていくので、深い情報を知ることができ、会社の経営情報や人間関係なども知ることができます。転職希望者と企業への営業を同じ人が担当するので、情報伝達でミスが出ることはありませんし、サービス内容が流れ作業のようになることも無いので、利用者からの評判が良いです。

仕事を統一することもデメリットはある

転職エージェントの仕事を統一した場合、営業範囲が狭くなることがデメリットで扱える案件の数が限られてしまいます。営業で実際に会社まで足を運ぶので、通える企業の数が少なくなってしまい、一部の分野に偏った求人を紹介されることになりかねません。そのため、紹介される仕事が専門職になり、すでに経験やスキルのある人にはありがたいですが、未経験者にとってはあまり印象が良くないこともありえます。利用者の希望転職先の分野と転職エージェントが押し出している業種が合致すれば最適です。

おすすめのETCカード./images/dc_3.png
etcカードおすすめ無料ラボ

このエントリーをはてなブックマークに追加